無料カウンセリング予約
menu
肌管理メニュー一覧 無料カウンセリング予約
CLOSE
無料カウンセリング予約

埋没毛の原因と対処法について

埋没毛とは?

埋没毛とは、埋もれ毛と呼ばれ、体毛が毛穴から生えることができなくなり、皮膚の内側で発毛・成長してしまった毛のことです。

全身の中ではワキやアンダーヘアなどでよく見られる症状ですが、体毛が生える部位であればどこでも埋没毛になってしまう可能性があります。

埋没毛の原因

処理のダメージなどが原因であることがほとんどです。

乾燥の場合は肌の角質層が厚くなることで体毛の出口を塞いでしまい、体毛が皮膚の表面に生えることができなくなるため、皮膚の下で毛が成長してしまいます。

また、自己処理によるダメージにはカミソリによる皮膚表面のダメージと、毛抜きやワックスなどによる毛穴へのダメージの2パターンがあります。

カミソリによる自己処理

カミソリで自己処理をすると、皮膚の表面を傷つけてしまう恐れがあります。

傷ついた皮膚の表面にはかさぶたが形成され、毛穴が塞がれることで埋没毛が発生します。

毛抜き・脱毛ワックスによる自己処理

毛抜きやワックスなどで体毛を抜く行為は、毛穴へ大きな負担をかけることに繋がります。

最悪の場合は毛穴が傷つき毛穴の炎症などに繋がる可能性があり、傷ついた毛穴にかさぶたなどが形成されて塞がることで、埋没毛が発生する原因となります。

埋没毛(埋もれ毛)になりやすい部位

埋没毛は、毛の生える方向がバラバラで、かつ皮膚が薄く弾力が少ない部位に発生します。

特に、ワキ・お尻・太もも・Vライン(ビキニライン)は注意が必要です。その他にも、自己処理の頻度が比較的多いひじ~手首・ひざ~足首や、骨に近く皮膚が硬くなりやすいひざ下などの関節付近は、埋没毛が発生するリスクが高くなると言われています。

埋没毛の対処法

万が一埋没毛ができてしまった際は、自然に排出されるのを待つことが最善です。
なお、脱毛することが決まっている場合、施術の2〜3日前に自身で毛先を出すことで脱毛効果を得られやすくなります。その際、毛を抜いてしまうとレーザーが反応せず脱毛効果が得られなくなってしまうので注意が必要です。

脱毛前の自己処理以外については、埋没毛の無理な処理を積み重ねると怪我や傷、色素沈着の原因になるので、以下の対処法を実践し自然な排出を促すのがおすすめです。

保湿を心がける

埋没毛は、乾燥により皮膚の角質が厚くなっていることも原因の一つです。日頃から保湿を心がけ、ターンオーバーを正常に保つことで埋没毛を防ぎ自然な排出を促します。

スクラブなどを使用して
マッサージを行う

スクラブや、ピーリング効果のある石鹸などで優しくマッサージしながらケアし、古い角質を落とし、自然な排出を促すことがおすすめです。

なお、毛抜きやワックスなど、皮膚のダメージが原因の埋没毛の場合、スクラブやピーリングの使用はさらなる負担になるため、使用を控えて頂く必要があります。

 

自己処理は電気シェーバーで。

医療脱毛を受ける前など自己処理の必要がある場合は、電気シェーバーでの処理がおすすめです。電気シェーバーは、刃先が丸い薄刀を使用し挟み込むように毛を切断しているため、他の剃毛方法と比べて肌への負担を最小限に自己処理が可能です。

\ リゼだけの分割払い /
全身+VIO+顔なら分割金利0

全身+VIO+顔脱毛にのみ適用できるリゼオリジナルの分割払いです。
最大24回まで分割手数料が0円なので、支払い総額が一括で支払う場合と変わりません。

※別途審査が必要です。
※提携院ではご利用いただけません。

リゼの全身脱毛

  • PLAN 01

    全身+VIO+《5回コース》

    月々 1,900 円×84回
    一括払い:129,800
  • PLAN 02

    全身+VIO 《5回コース》

    月々 1,400 円×84回
    一括払い:99,800
  • PLAN 03

    全身+《5回コース》

    月々 1,400 円×84回
    一括払い:99,800
  • PLAN 04

    全身脱毛 《5回コース》

    月々 900 円×84回
    一括払い:64,800