無料カウンセリング予約
menu
肌管理メニュー一覧 無料カウンセリング予約
CLOSE
無料カウンセリング予約

日焼けと脱毛の関係について

日焼けは、
脱毛時の痛みや火傷のリスクを高め、
効果を低下させる恐れがあります。

脱毛期間中に
日焼けを避けるべき理由

脱毛は、毛根の黒いメラニン色素に反応する光線やレーザーを使用して、毛を生やす機能を持つ細胞を破壊することで効果を提供しています。

その際、肌が日焼けしているとレーザーが皮膚の色素に反応してしまい、様々なリスクや効果の低下につながる可能性があります。安全で効果的な脱毛のためには、脱毛期間中の日焼け対策を心がけることが大切です。

照射時に痛みが出やすい

日焼けした肌にレーザーが反応すると、毛根細胞だけに反応する場合に比べより強い痛みを伴います。日焼けの程度が低くてもレーザーが反応してしまう可能性があるので、痛みに弱い方は特に注意が必要です。

火傷のリスクが高まる

日焼けをした状態での脱毛は火傷につながるリスクが高くなります。

火傷は、レーザーが反応した熱が過剰に皮膚に伝わることが主な原因ですが、日焼けしている場合は、痛みを生じるメカニズムと同様、皮膚の色素にも直接レーザーが反応してしまい、その度合いによってはやけどのリスクを高めることに繋がります。

脱毛の効果を高めることができない

当院では、脱毛を行う際に患者さまの毛質・肌質にあわせて脱毛機のパワーを調節しています。

通常、回数を重ねて毛質が細く変化した際は脱毛機のパワーを調節することで脱毛効果を高めるように取り組みます。しかし、日焼けした肌の状態だと、やけどのリスクが高まるためパワーを十分にあげて照射をすることができず、その結果、日焼けをしていない時と比べて脱毛の効果が最大化できない可能性があります。

脱毛期間中に
おすすめの日焼け対策

 

日焼けの原因である紫外線は季節や天候に関係なく放出されており、普段から気を付けていても、知らないうちに日焼けしてしまうことがあります。安全で効果的に脱毛を行うために、脱毛期間中は徹底した日焼け対策が大切です。

日焼け止め(クリーム)

日頃の日焼け対策には日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めの持続時間は製品によるものの、ほとんどが2時間程度なのでこまめに塗り直す必要があります。また、汗をかいた場合は日焼け止めが落ちてしまう可能性があるので、すぐに塗り直すことが大切です。

帽子や日傘、長袖

日差しが強い日の外出時には、帽子や日傘、長袖での日焼け対策がおすすめです。

顔や腕などは日焼けしやすいので帽子や日傘を使い、日が当たらないようにブロックすることで日焼けの対策になります。また、紫外線が直接当たらないように夏場でも薄い長袖を羽織ることも対策の一つになります。